« 吉祥寺散策 | トップページ | 夏本番で、リニューアル »

2007年8月 5日 (日)

朗読劇に行きました

今日は予定を変更して、当日記です。

P8050057 声優である友人の、所属事務所の「若手の朗読劇」に行って来ました!

以前時間の都合で断ってしまったし、がんばってる彼を応援したいし・・そしてj興味本位。

13時開演なのに12時に部屋を出て、ついた時間は15分前。

「あらぁ~」と席に着いたら前2列、小劇場だから前席挟んで舞台まで1メートル!「なんだかドキドキしてくるなぁ・・」

題目は山本周五郎の「おたふく」「足軽奉公」「風車」。

開演してまず達者な演者に驚き!「正直ちょっと舐めてました・・」

ただ「おたふく」は、皮肉れた僕には話しが面白くなかった・・

「足軽奉公」、実は友人が主役。

日ごろの彼からは想像できない姿に驚きと関心!

上手いんですよ!声も魅力的に感じたし。

「ちょっと、おい!? かっこいいじゃん・・ あり得ん・・ マジですか?」

いい声ですなぁ・・ ああぁ・・ 僕と替えて欲しいや。

話しもすっきり、楽しめました。

でも、勝手ですけど、なんだか気恥ずかしかった・・(^^;

「風車」主人公のからっとあっけらかんとした明るさがみそで、とても心地よく演じられて居て、ラスト少し「ほろリ」としました。

ただ、今回で見た(聴いた)限りでは、周五郎の女性感は余り好きではないです。(あくまでも・・)

見終わった後に胸に湧き上がったのは、ジェラシーでした。

みな一生懸命がんばって、夢や目標に努力して、その姿わ表現している。

「眩しいな」

|

« 吉祥寺散策 | トップページ | 夏本番で、リニューアル »

コメント

まささん こんばんは2です(笑)

朗読劇 行ったことないです
お友達が 出演したなんて
自分のことのように ドキドキしますよね

声がいい?うらやましい?(笑)

山本周五郎 難しくないですか?
耳で聞くと違うのかな?

小劇場の客席と舞台との距離感は
驚きと感動と 気恥ずかしさですね(笑)

投稿: ねーさま | 2007年8月 5日 (日) 23時02分

ねーさま またこんばんは!

ほんとドキドキしましたよ!


話しは短編だし、分かり易かったですよ♪

投稿: まさ | 2007年8月 7日 (火) 00時27分

まささん、こんばんは♪

他人と自分を比較してはいけない、と分かっていても
身近な人の頑張りを目の当たりにしてしまうと
妙に胸がざわつきますよね☆

でもまぁこんな時、どういう自分でいられるか、
が大事なのだと思います^^
今日の一歩が景色を変え、未来は作られていく。
まささんはまささんのペースを大事にしていって下さいね。

ちなみに私も友達の芝居を見に行ったことがあるのですが
その時私は終始ニタニタしていました(笑)

投稿: こえみ | 2007年8月 7日 (火) 02時01分

こえみさん こんばんは!

いい刺激になったと思ってます。

実は僕も、顔を見ると笑いがこみ上げて来てしかたが無いので、下向いてましたよ。
(^^)

投稿: まさ | 2007年8月 7日 (火) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207743/16015994

この記事へのトラックバック一覧です: 朗読劇に行きました:

« 吉祥寺散策 | トップページ | 夏本番で、リニューアル »